2014年09月28日

軍師官兵衛。第39感想妄想「跡を継ぐ者」

今回もまったく見る気がしなく、見ていません。
黒田官兵衛には興味があるのですが、岡田准一の演技には興味がないので、見る気がしません。

しかし、せっかくなので、今回は東京ビックサイトで開催されたツーリズムEXPO(9月27・28日)にて、
軍師官兵衛関連を取材しましたのでご覧ください。

時間やお金が無い私にとっては、こうしたイベントで見るのが好きであり、現地に行けない分だけ、
イベントパフォーマンスを見て満足して帰ってきました。




ゆるキャラ多過ぎの官兵衛

こうした開催なので、どうしもゆるキャラベースになってしまいます。
基本はお祭りなので、自分の好みに合う・合わないに関わらず、楽しみながら見るがいいです。



こちらは姫路市のゆるキャラの官兵衛です。
このキャラはあとで説明する福岡市のキャラと非常に類似して、問題になりました。
そして、案の定、似ているキャラがいました。





今回は姫路市も福岡市も両ブースを構えて、宣伝活動していたので、こうした似たキャラが沢山いるのですが、
知らない人がいると、まったく区別がつかないでしょう。
ブースには無料でもらえる軍師官兵衛のグッズもたくさんあって非常に良かったです。

今年は姫路にも福岡にも1度も行けないので良かったですね。




おもてなし武将隊が多過ぎ

こうしたイベントではオリジナルのステージがあり、プログラムがあります。
今回もネタとして取材してきました。

1日の9月27日土曜日は2件ほどあります。



まずは伊達武将隊。一番初めだったので、ずっと見ていた感じ。軍師官兵衛とも関係ないので、
そのままステージの演舞を見ていました。

昼くらいには沢山あるブースで、人気もののひこにゃんがいましたの撮影。



さすがにゆるキャラの大御所です。かわいいですね。
これから多くのゆるキャラが誕生しました。



最後にグレート家康公「葵」武将隊の演舞を見て1日目は終了です。
簡単な動画を作成しました。




次の2日目の9月27日も2件。



はじめは、大阪RONIN5による演舞。大阪の陣400年を記念して。
予算と時間の関係から3人のみです。



そしてこちらが「本命」の福岡黒田武将おもてなし隊。
初めて見ますが、黒田官兵衛の方がデカイ人でした。がっちりした方でびっくり。

動画も用意したました。



それにしても、こうした武将隊の数は、ゆるキャラと同じく多いです。
全国には数十あると思えます。大河ドラマ効果もありますが、
・オタク向けコンテンツ
・自治体PR目的活動
・若者向けのコンテンツ
・子供・歴女向けコンテンツ
など、従来の「おっさん向けの大河ドラマ」とは全く違った感覚です。





ビックサイト東ホール全館なので、数多くの武将隊が沢山きて、お互いに撮影会などをしています。
こうした点から言っても、有名芸能事務所の俳優や女優よりも、目立つ存在になっていると、毎回思います。

演技やパフォーマンスも素晴らしく、訓練されたエンターテイメントとして見ることができます。
お互いに切磋琢磨している。





ご当地アイドルも多過ぎ

AKB効果なのでしょうか。

ゆるキャラ→おもてなし武将隊→ご当地アイドル
の3大宣伝隊がいるのが、今回の取材でわかりました。



こちらは、福岡黒田武将隊を見に行ったのですが、なぜか最初からアイドルグループによるステージ。
「ふくおか官兵衛Girls」という3人組です。
半分以上が彼女達の時間でした。

これも需要と供給があり、アイドルになりたい少女の需要があるのでしょう。



次は群馬のご当地アイドルであるAKAGIDAN。
こちらは人数が多いです。唄もダンスも、それなりに訓練された感じがあり、セミプロ並でしょう。
動画あります。



まさか群馬にもご当地アイドルがいるとは驚きです。
なんでもかんでも「アイドル」になっているのは、ゆるキャラの増殖と何か通じます。

1週間前にたまたま、浅間山登山の帰り、世界遺産になった富岡製糸場を見学したので、興味があったので
見たのですが、なんとも多いAKBタイプのアイドルです。




こんな感じで、遠い地域の大河ドラマですが、年に1回のツーリズムEXPO。
上手く活用して、現地に行かなくても体験できた点はよかったです。

Posted by 黒田官兵衛考高 at 22:45 │9月