2014年07月25日

映画ゴジラを見て感想。剛力と同じダメな波瑠が登場

金曜日は会員デーで1000円なので、B級の映画ゴジラを見てきました。
時間の無駄です。
3Dで日本語吹き替えです。




波瑠のせいで、B級がC級へ下降しました

「えええ!!」
あまりの下手さに、久しぶりに感動しました。
日本語吹き替え版を見ている私がいけないのですが、3Dなんで仕方がありません。

今回、主人公の妻役を「波瑠」という方がしていました。
「ん!」
と思った瞬間から、
「やっちまったな」
と思いました。

さっそく、検索してみると。。。。。。
http://mdpr.jp/cinema/detail/1392762

今回の吹替の感想を尋ねられると波瑠は、「初めて吹替に挑戦して、すごく難しいなって。すでに完成された作品があったので、お芝居をするというよりも作業に近くて。皆さんにサポートしてもらって乗り越えられました」と感無量の表情を見せた。



ここにもいる。
中村プロデューサーと同じ過ちをしている人が。。

本当に勘弁してほしい。濃姫に内田有紀やお市に内田恭子とか。
事務所のコネでもいいけど、魅力が半減しました。
馬鹿じゃないかと思います。

ハード映画であるはずのゴジラ。
そんな期待で見ているので、どうして「素人小娘」を採用するのでしょうか。
「お前はAKBか」
と思いますよ。この芸能事務所は。。


これと似た感動は、あの映画「プロメテウス」
主人公の声優を・・・・・剛力彩芽。

あの感動が再び見れますよ。









渡辺謙いらないよ

名優の渡辺謙さん。まったく役に立ちません。
本当に。。。。

最近では、映画「はやぶさ」で主人公がばっちり。江口さんも出ていましたね。



それにしても、なんで渡辺さん。
誰でもいいような役柄に、無駄に名優演技。
ハリウッドのバカさに感服しました。






福島第一ですかね

この映画ゴジラで、唯一、評価されるのが「反原発PR」にも類似した、福島第一原発事故を、
まるで再現しているかのような日本風景です。

ネタバレになるので書けませんが、首都圏が放射能で汚染されたら、どんな感じ。
そんな想像をうまく東日本大震災を彷彿させるシーンが良かった。

後半では津波被害も出てきますので、「うーん」となるのですが、日本人なら「ネタ」として見るべきでしょうね。






脚本がダメで映像は最高のB級映画

「ノア」
「300」
「ゴジラ」
共通しているのは、映像では映画館で見ると、いいのでは?という映像美。
それに反比例して中身がない脚本。

B級最高

と思っているので、いいのです。
ハリウッド的に、最後に無事、家族と再会し、ゴジラが正義のヒーローになる結末。
どうしてこんなバカな脚本が通るのか、アメリカ人の頭の悪さが、毎回素晴らしいです。

時間の無駄と思わせるノウハウはさすがハリウッド映画で、大好きですね。

Posted by 黒田官兵衛考高 at 23:41 │7月