2014年04月07日

岡田官兵衛になってしまう理由がわかった

軍師官兵衛の主人公。岡田准一さん。
なぜ、存在感が薄く、しかも、「これが軍師?」と思わせてしまうのか。
また、なぜ黒田官兵衛っぽくならないのか?
画像をみていたら、少しだけわかった。




モデルとほぼ同じ顔

今日もドラマNEOさんの画像をお借りします。
ありがとうございます。

さて、岡田さんの顔を拝借してみました。







みごとにイケメンの顔です。
そして、普段みる岡田さんの顔なんですよね。

戦国武将であれば、どこか顔に傷ひとつあるとか、それなりなんですが、見事に「現代顔」なんです。

そこで、ちょっと違和感がある写真を貼ってみます。



ひげ姿の岡田准一さんです。
見事に「!!」という雰囲気があり、おっさん顔に変わっているのですが、今の岡田さんの顔はどこか
ジャニーズ顔でありモデル顔です。

それが見ていて、「岡田官兵衛」になっていて、未だに「黒田官兵衛」には程遠い感じがしています。
モデルとしての宣伝や、V6としての告知なら良いのですが、14回目でこの顔を見続けるのは相当やばいです。
女性なら「うっとり」で良いのですが、それでもアウトでしょう。

後半では特殊メイクをして登場してほしいのですが、前回、内野さんの山本勘助を見て、
「ああ!男前でもそのままだといけないのだなぁ」
とふっとおもったのがきっかけでした。



内野聖陽のような二枚目も、こんな坊主頭にすると、
「お!」
となるのですが、今のシーンだけだと、なぜか「岡田くんだ」となるのが不思議です。
本人は演技派なんですけどね。
やっぱり演出家の田中さんの力量が足りないのでしょうね。




Posted by 黒田官兵衛考高 at 07:15 │4月