2014年03月31日

軍師官兵衛。第13回感想「小寺はまだか」

途中から見てるので感想も途中から最後までにて。


違和感の原因がハッキリとわかったこと。バカ軍師

今頃になって岡田さんの演技が「最悪」なのがわかりました。
根本的な部分でした。今回の脚本でわかり、逆に今事になって理解した感じです。

軍師官兵衛が相手の気持ちの「洞察」をまったく理解していな小学生

確かに若い官兵衛なんですが、黒田家の当主になるのですから、小学生のみの人間観察力ではないはずです
こんな当たり前の価値観があったのですが、脚本家の前川さんや演出家の田中さんによって、ほぼ小学生にしかみえない観察力で、
部下や上司を見ている違和感があり、それが今回の岡田さんの演技でわかりました。

岡田さんの演技がド下手に見えるのは、小学生の演劇のような「幼稚な君主」を立派に演じているからです。
それが今回の脚本で、まざまざと見えて、やっと霧が晴れたように「馬鹿軍師官兵衛」の真価が見えて理解しました。

もちろん、竹中半兵衛のような「演出」ができるのですから、あえて「馬鹿軍師」を岡田さんに「強制」しているのは
理解可能なのですが、なぜ、そこまでに岡田官兵衛の馬鹿軍師を演出するのかが理解不能です


この脚本家や演出家は岡田さんが大嫌いなのでしょうか。






ドラマの中の音楽がイマイチ
映像による演出と同等に重要なのが音楽です。
緊迫した感じの場面で音による効果的な演出は、ドラマの中ではとっても大切です。

全体を通して、これは「ダメだ」と瞬間的にわかるのは不思議なことで、穴だらけの「感動」をしている感じで、
これまたヒドイ感じがします。

音楽は菅野裕悟さんが担当しているけど、誰か彼に対して「おこる」人はいないのでしょうか。
しょぼさは「第1級」であり、貧弱ささえ感じします。

これは何か岡田官兵衛に対して「嫌がらせ」をしているようなもので、どうして中身がないのに、さらに中身がない音楽で、
もっとひどくさせているのが不思議です。

この菅野さんも岡田さんが嫌いなのでしょうか。

Posted by 黒田官兵衛考高 at 22:04 │3月