2014年03月10日

軍師官兵衛。第10回感想「毛利襲来」

見ていないので感想書けません。
ん~。
10回目にして、少しは1回目からの「出来の悪さ」がNHK側にも伝わり始め、
15回目くらいから、その変更が大きくなっていくことを期待したいですね。

相変わらずの江口信長は魅力に欠けるし、岡田官兵衛の深みはほとんど感じられないし、
いわゆる「B級グルメ」に近い感覚となっている大河ドラマ。




日曜日はツアーに参加。初心者でも楽しめる雪山登山です。
場所は相変わらずの八ヶ岳の横岳です。



当日は曇りまたは雪との予想であったため、少しダメ気分で言ったのですが、
なんと晴天であり、風もほぼ無風状態でした。これはラッキーです。



基本は雪山登山を楽しむというよりも、景色を見て楽しむツアーです。
雪山登山装備なら、ある程度はいける場所です。



山頂も滑落する場所も皆無であり、また、1本道を行くだけなので問題なし。
そのまま休憩を挟んで1時間半ほどで登れます。
そのため、景色を見ては楽しむの繰り返し。



山頂近くは樹林帯がないので風があるので注意のみ。
あとは問題なし。

東京都新宿からの出発であり、現地を夕方5時に出発しても帰りはすでに8時を回っているので、
自宅には10時くらいになり、ほぼ見れません。

帰りのバスの中では、
「軍師官兵衛見れないね」と別の席でも言っていましたので、ツアーに参加すると
相変わらずこうなりますね。




Posted by 黒田官兵衛考高 at 09:01 │3月