2014年03月02日

軍師官兵衛。第9回感想「官兵衛試される」

感想は相変わらずのつまらなさですね。
大人向けではなく、小学生向けとしての立派なのですが、せっかくの岡田さんが使いきれていない感じです。






戦国時代を深堀しない設定

見てみると、戦国時代を「主婦」や「若い女性」が見てもわかるように設定されています。
それが良い事であるかのような「素人の流れ」であり、それ自体は好き・嫌いの範疇なのですが、
戦国時代を「おもちゃ」のような感覚で脚本が動いています。

スイーツ大河というキーワードがありますが、これが当てはまるかどうかわかりませんが、
私個人は嫌悪感を感じるほど、ダメさが目立ちます。

他の感想を見ると、「戦国時代を良くわかった」とか「戦国時代の雰囲気が出ている」とかあるのですが、
どこに、それらしいところがあるのか、さっぱり未だにわかりません。

私がセンスが無いのが仕方がないのですが、全く戦国時代という緊迫感がないのです。







岡田さんは勉強していないと思います
主人公の岡田さんは、黒田官兵衛をまったく勉強しないまま、スタートしたのがわかります。
竹中半兵衛の谷原さんのような演技をすればいいのですが、あえてしないのは、それだけ間抜けか、
何にも考えていないかのどちらかでしょう。

もちろん、演出家の指導があるのはわかりますが、これだけダメな「黒田官兵衛」も珍しく、もしこれが
岡田さんでなければ、ジャニーズファンだから許されるだけであり、他の役者なら終わっているでしょう。



映画「永遠の0」を見ましたが、彼が役者としてダメである点はありません。
映画の良さもありましたが、引き込まれる部分は多分にあります。

永遠の0での彼の存在感と、軍師官兵衛での黒田官兵衛が、同一人物とは到底思えないです。

そうなると、監督と演出家がよっぽど悪質であるのが証明されていて、滅入ります。

Posted by 黒田官兵衛考高 at 22:21 │3月