2014年02月23日

軍師官兵衛。第8回感想「決断のとき」

んんん!!!
悪かったけど、良かった!!!
んんん。
羽柴秀吉効果なのか。



江口信長のダメさがわかった
演技としえは問題ないし、黙っていればそれなりに見える。
問題があるとすれば、「声」なんだ。

声が駄目なんだよ。
江口信長の声はハッキリ言って
「安心なんだよね」
という声で、聴いていると、「殺気ゼロ」なんだ。信長の凶器である甲高い神経質な声ではなく、非常に落ち着いた安心できる声。
それが江口信長の正体で、このためすべてがマイナスになっている。






竹中秀吉のすごさ
江口信長のパートが少なくなって、竹中秀吉の時間が多くなった結果、それなりに大河ドラマとしてみれた。
さすが竹中直人さんだなあと、つくづく思った。

相変わらずの脚本のダメさと、演出の悪さがありますが、それを超えて魅せる竹中さんの演技力には脱帽します。



確かに年を取りすぎた感じがあるのですが、それでも物語の「人間味」としての貫録は高く、
その他のいてもいなくても存在感がゼロベースの役者の中で、光っているのが竹中さんであった点は評価が高いです。







女優陣のダメさと岡田さんのジャニーズ化
まず、岡田さんは相変わらず
「どこに黒田官兵衛がいるの?」というくらい、岡田さんですよね。
岡田さんの好青年ぶりが、そのまま演技している感じで、どこにも「官兵衛」がいないのがすがすがしいです。
やっぱりジャニーズ事務所の看板を背負っている鬼才とも言えます。
いつから、黒田官兵衛らしくなるのでしょうか。

また、一方では、女優陣が総崩れで、最悪の濃姫の内田さんを筆頭に、光役の中谷さんなど、どうしてものかと思うほど
見るに堪えない存在感であり、天下の黒木瞳さんも「駄作」になってしまっています。

基本的に中村プロデューサーの人も目を見る能力が欠落している証拠にもなっています。

Posted by 黒田官兵衛考高 at 21:03 │2月