2014年02月19日

官兵衛の兜画像があった



http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20140216-OYT8T00097.htm?cx_thumbnail=07&from=yolsp

こちらから画像を見ました。
実際の現物を見ると、本当にあったんだなぁと思いました。

参照内容
----------
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で取り上げられている黒田官兵衛の兜かぶとが、盛岡市の市立「もりおか歴史文化館」に所蔵されている。

官兵衛が着用した兜では唯一現存のものとされ、各地の博物館から引っ張りだこになっている。もりおか歴史文化館での今月の展示は22、23の2日間のみで、その後は9月まで兵庫、東京、福岡の博物館などを巡る予定だ。

兜は、おわんをひっくり返した形の「銀白檀塗合子形兜 ぎんびゃくだんぬりごうすなりかぶと」(桃山時代)。合子はふた付きの小さなおわんのことで、塗りがはげているが、元は赤い色だった
---------

盛岡歴史博物館です。

http://www.morireki.jp/



いや。見てみ見たいですが、遠すぎていけませんね。
300円で見れるのですから、価値は非常に高いものです。


大河ドラマにおける戦国時代設定では、こうした貴重な文化遺産などが見れる機会があるのと、実際に、こうした現物があるのがうれしいですよね。なぜなら、本当に黒田如水がいたんだなぁと思えるからです。

お城めぐりや、城下町見物以外に、こうした博物館見学はセットになっていますので、歴史大河ドラマは、こうした点で良いと思う。


Posted by 黒田官兵衛考高 at 06:53 │2月