2014年01月12日

軍師官兵衛。第2回感想「忘れえぬ初恋」

全体的にお茶間の戦国絵巻です。
NHK大河ドラマとしての「品格ゼロ」なんですけどね。
よほどプロデューサーの腕がないとわかります。



織田信長のシーンが毎回酷い
毎回ダメシーンを量産しそうな演出と内容ばかりです。
確かに織田家のシーンは、それなりに必要不可欠なのですが、江口信長がまったく貫禄がなく、
さらに言えば、竹中秀吉がそれにプラスして、安っぽさを演出しています。

両名とも名優であり、実力からいえば、ダメな部分は皆無なのですが、
今回の軍師官兵衛だけを見る限りでは、ダメさが異様に目立つシーンとなっています。

この戦国絵巻が良いという錯覚や評価をしているのであれば、普段から
よほど戦国ドラマを見ていないか、それ相応でもいいのかとビックリする次第です。

基本は信長シーンはなるべく使用しないで、江口信長は使わない方が賢明でしょう。





濱田岳・永井大など脇役は良い
栗山役の濱田岳さん。個性派俳優の中ではトップレベルです。
脇役としては、岡田さんがさっぱり派なので、非常にバランスが取れてよい感じだと思います。
濱田さんは、名脇役の柄本明さんの匂いがしますので、このような成長をしてほしいものです。

その他は永井さんなんかも面白く、ほぼ主役級なのですが、岡田さんのサポートを上手くできれば
軍師官兵衛も厚みが出てくると思います。

女優陣ではまだまだ、ゼロ人であり、誰が成長株かわかりませんが、男性脇役人はそれなりの
人をそろえていると思います。





竜雷太さんの存在感がでかい
すでに名俳優の域となっている竜さん。
ドラマ「ケイゾク」などで幅広く役をこなしています。今回は中谷さんとはケイゾクで一緒であるため、
両方とも岡田さんが渡部さんような感覚であれば面白いかもしれません。

竜さんがワンシーンで出てくるだけで、岡田さんを圧倒した存在になるのは、やっぱり年の功であり、
俳優として経験値の差なんでしょうね。
どんな小さい役でも、何十年の厚みは、岡田さんのカリスマを持っても、竜さんにしてみれば、
「小物」扱いになってしまっています。






オープンイングと音楽がダメ
2回見まして、オープニングの質の低さと、それに連動した音楽のダメさが目立ちます。
通常は大河ドラマのオープニング音楽は、その代表作にもなり、毎年のヒット音楽にも相当する
レベルへと進みますが、今回のオープニング音楽は、記憶すらありません。

確かにオーケストラの壮大さはあるのですが、「オリジナル」としての軍師官兵衛との連動が皆無であり、
それが凄く安っぽくなっている原因にもつながっています。





同じカテゴリー(1月)の記事画像
都知事選に見る政治家と軍師
九州黒田家で信長の野望創造プレイ
信長の野望創造 黒田家群雄集結
信長の野望創造 織田信長プレイ
国宝姫路城に思う事
毛利家取材。萩市でのレポ

同じカテゴリー(1月)の記事
 軍師官兵衛。第4回感想「新しき門出」 (2014-01-26 20:52)
 軍師官兵衛の感想と世間の感想 (2014-01-26 06:05)
 都知事選に見る政治家と軍師 (2014-01-23 22:51)
 軍師官兵衛。第3回感想「命の使い道」 (2014-01-20 11:18)
 九州黒田家で信長の野望創造プレイ (2014-01-18 11:41)
 信長の野望創造 黒田家群雄集結 (2014-01-15 07:07)
Posted by 黒田官兵衛考高 at 21:16 │1月