2014年01月06日

軍師官兵衛。第1回感想「生き残りの掟」

いやー。見ましたが、なんともクオリティのダメさが目立ちました。
近年でいえば、大河ドラマの江と類似する酷さでした。


柴田恭兵さんがいい
大河ドラマの平清盛における父親役でブレイクさせた中井さんと、今回の同じように父親役で、
しっかりと存在感をだしている柴田恭兵さんは類似する。
両方とも、主人公より演技力や存在感があるため、とっても良い感じになっている

しかし、それ以外が、大河ドラマにおいては、学芸会のような感じで、テレビ局である
年始の戦国長時間ドラマとほぼ同じレベルになっているのが酷い。

これが1年間通していくのだから、本当に大丈夫かと思います。





セットの使いまわし
もともと軍師官兵衛が決まったのが、1年前ですから、準備が整うのが遅かったです。
これでは仕方がない面もありますが、結果的にはダメでしたね。

セットは使いまわしがいいところであり、しかも、新品の調度品をそろえて展開。
これでは、先にも言ったが、テレビ局が制作したいてるものと同じである。

目が肥えた人が大河ドラマを見ているけど、進化ではなく「退化」している戦国ドラマである





大河ドラマ江に戻った感じ
今回の軍師官兵衛を見てみると、3年前の大河ドラマ江と同じ匂いがします
もともと、今回はオリジナルシナリオですから、仕方がない面もありますが、なんといっても、
戦国の雰囲気が似ているのが怪しいです。

とっても怪しく、質が一気に何段階も落ちています。
その象徴が織田信長の江口さんなのですが、どこからみてもバカ殿様を演じています。
ビックリするくらいの質の低下なのでした。




Posted by 黒田官兵衛考高 at 07:35 │1月