2014年01月03日

毛利家取材。萩市でのレポ

12月30日より4泊5日。吉田松陰関連で来ているですが、
毛利家が地元なので、戦国関連としてレポします。

まずはお城から。
萩市の西北部にある指月(しずき)公園。萩城跡にあります。



地元ではあまり目立った存在ではなく、観光名所の中のひとつだけです。
これは仕方が無く、それだけ町が魅力的であり、幕末の方で、戦国よりもハッキリしており、
毛利家はあくまでもその程度なのです。





本丸から始まり、城下町としての三の丸までありますが、
城周辺の本丸は天守閣の残存が見れる程度です。

戦国好きはある程度、見るべき所がわかりますが、一般の方はわかりませんね。







もともと、関ヶ原で敗れた西軍の将です。
長門と周防の2ヶ国の本拠地として萩がメインとなりました。
そのため、戦う城ではなく、城下町としての城なのです。





こちらは近くにある萩博物館にある模型。
本来であれば山城なのですが、それでは徳川幕府に反旗を翻す事になるため、
上の部分はあくまでも見晴らし台なのです。



本来であれば、天下の水城として名をはせるのですが、
そんな事になれば、徳川幕府を敵に回す事になりますからね。



萩博物館には、毛利家の貴重な品があります。
基本は幕末関連がメインなのですが、毛利家は初代の元就から数え、3代から12代までの期間。
この萩で過ごしましたので、その中身は濃いのです。









しっかりと、毛利家の家紋があります。
こんな形で鎧もありますが、基本は墓所がメインとなります。







本丸近くの天樹院跡。おなじみに毛利輝元さんと妻の方。
関ヶ原では総大将ですからね。
戦国ファンなら、知っている人であり、しかも今回の黒田官兵衛では、関連性は高いです。





まずは墓所である東光寺。
毛利家の菩提寺です。
元就から数えて「奇数」の藩主と夫人が祭られています。









どこの藩主の場所もそうですが、かなり「変わっています」。
今回の毛利家も財力がある分だけ変です。

戦国時代から江戸時代にかけて、墓所は今の時代と違い、
全てオリジナルの芸術品なのですよね。

前の八重の桜においても、会津若松市にある松平家墓所もかなり変わっている。
今回も毛利家も負けず劣らず変わっていました。



こちらは天照院。
偶数の毛利家の藩主と夫人です。
あちらが石灯篭の500基なんですが、こちらは600基。
基本は輝元さんの3代からメインではなく、4代からメインですからね。



4代藩主がこちらで、別扱い。さすがです。
その他はこちらで、最後の12代が、4代と対となっている対比型になっています。





さて、最後に城下町。
基本は今ではこちらの方が観光名所であり、幕末関連で言えば、
吉田松陰や高杉晋作、木戸孝允などがメインですから。

また、街並みは萩博物館の方が言っていましたが、見事に残されているとのこと。
理由は毛利家の本拠なのですが、明治以降の山口県の県庁所在地にならなかったことなのです。



こちらは三の丸までの城下町の絵図です。
これがそのまま残っているのです。
県庁所在地にならなかったおかげで、そのまま保存されているのです。

このため、全国で戦国や幕末関連の「映像関連の撮影」はほぼ、この萩にて行うそうです。
ロケーションとしては最高な場所なのです。
ですから京都について、隠れた観光場所になっているため、城下町がメインとなります。







また、更には、萩市からは4人の総理大臣を輩出している場所なのです。
伊藤博文・山県有朋・桂太郎・田中義一。
これでけいるのですから、それは栄えるでしょうね。

毛利家関連では、軍師官兵衛としては、無関係ではないですので、
取材レポとして投稿しておきます。



Posted by 黒田官兵衛考高 at 03:38 │1月