2013年12月13日

軍師官兵衛 信長の野望レポ01

昨日は発売されて間もない「信長の野望創造」をプレイしました。
さっそく、黒田官兵衛にてプレイしてみます。


 

プレイとしては、長年していますので、まだ未体験ですが、上級です。
ダメならダメでそのままというプレイ。
また、プレイしていて、黒田官兵衛にしなければいけないので、仮想モードとしてプレイします。
いきなり大名としてプレイします。




 
こんな感じで選べるパターンです。
これでこの企画もなんとなく進めることが可能です。
これはこれで大変嬉しいですよね。

ただし、こうした自由度が高いものは、逆に何でもありで、意味がないのですよね。
感情移入が出来ないのですね。


 
こんな形で桶狭間の戦いをメインにしています。
これ移行でしてしまうと、官兵衛が年寄りすぎてしまうので、困ります。
でも、設定で年齢不問にしていますので、まずは第1回目なので、これでOKという事で。




 
はい。
これがフィールドです。
姫路城を中心としてあります。御着城や宣津城などが支城としてあります。
これで、「どれだけ死なないで」プレイできるのかです。

大大名が攻めてきたらアウトです。初期値を見て見ると、別所が臣従しているので、東側は大丈夫。
問題があるとすれば、南部の三好家が攻めてきたらアウトです。


 
基本は最初なので、ともかく内政です。
行動値が「6」しかなく、内政で城の3回分が確保されていますが、1年間はそのまんま。

それでも、何にもやることがなくなり、敵を求めて、北東へ進撃。
基本はノウハウがない状態での戦闘第1回目なので、どうなるかと思いましたが、ベンチマークで、それなりの勉強をしているので、ノウハウが少なからずあり、戦闘を開始。

そのまま特技を連発した官兵衛。
次回で述べますが、官兵衛の特技は強く、この周辺のヘボ武将では圧倒的な強さ。
敵が2倍程度でも勝てるようです。


このため同数か、それ以上で望めば、ほぼ戦いが有利ができます。
官兵衛自体がチートなので、何度も繰り返し戦闘をして、消耗戦をしていると、あっという間に修得しています。


 

所詮はゲームなので、ある程度のノウハウがあり、ヒットアンドウェイ方法で、戦力をそぎ取っていれば、
敵は上級モードといえども、削った敵は簡単です。
八上城も奪い、その流れで黒井城も奪う形になりました。



 
現状は、4時間プレイでこんな形。
仕様を未ながら、プレイしていたので、絶滅しないようにしていましたが、橋頭堡となるべく2国をすでに手にいれて、けっこう順調になっています。しかし、敵もそれなり強大なので、北上しながら力を入れておこうと思います。

将軍家とは同盟関係という強い方がいますので、これで東側を壁として展開できれば、いいなぁと思います。

行動力を確保しないと、国力が増加しないので、まずはこの方法で強くします。


 
家臣団はこんな感じ。
すでに、内政と戦闘を繰り返した結果、大器晩成ではなく、すでに戦国最強の能力値へと進化しています。
これで「ゲームの上級モード」ですから、ヌルイと言えます。
それほど、信長の野望をプレイしているから仕方がないのでしょうか。


Posted by 黒田官兵衛考高 at 10:06 │12月