2012年10月22日

姫路市のPRは軍師並み?

軍師官兵衛。
鬼才の知恵者であり、智謀の塊のような人。

そんな故郷である姫路だけど、PRの仕方が「赤松並み」である。
これでは、知恵者というより、単なる平民なみの知恵。

ドカンと知恵を出さないと。

最近の成功事例は、やはり、あのひこにゃん



これに相当するキャラを作るのが大事だ。

1個キャラで全国区になる。

その他、軍師の関連で、参加テストなんかもいい。
現代の軍師講演とかもいいかも。

----------
2014年放送のNHK大河ドラマの主役に姫路出身の武将・黒田官兵衛が決まったことをPRしようと、姫路市は15日、本庁舎など2カ所に横断幕と懸垂幕を掲げた。16日には姫路商工会議所も同市下寺町の本館に掲げる予定で、早くも官民挙げてドラマ化を盛り上げる機運が高まっている。
----------

Posted by 黒田官兵衛考高 at 04:10 │10月