2014年01月26日

軍師官兵衛。第4回感想「新しき門出」

岡田さんが色男であるのがわかってよかったです。
女性ファンはいいですね。
中谷さんはどうでもいいです。


江口と竹中がいらない理由
4回目になり、相当ダメな感じなんだけど、どこで判断しているのかわからない。
織田信長のシーン全体が「プラモデル化」しているのに気付いていない

軍師官兵衛の演出家や脚本家は、このシーンがあるおかげで、毎回、駄作になっていることに
きずいていないとしたら、相当の無能であるけど、何かをしなければいけない強迫観念に縛られて、
何が大切で、何を伝えなければいけないのかわかっていない。

確かに、江口さんや竹中さんが「おまけ扱い」されたら、それは大変なんだけど、
それはテレビ業界の話であって、大河ドラマを見ている人にはまったく関係ない。

この事がわかっていないと思う。





柴田さんだけがいいという寂しさ
前にも書いたけど、これほどグレードが低い役者陣の演出も、今では珍しい。
唯一、柴田さんがいい演技をしているのがわかるけど、後はダメさが目立つように工夫しているような
錯覚さえ覚えるほど、ダメなのは理解不能です。

多くの視聴者が脚本の最悪さに気づき始めているのですが、今回のテル姫との出会いも、
「え」と思う展開であり、誰に対して誰のために脚本を制作しているのでしょうか。

前川洋一さんが担当されているけど、何を目的で脚本をしているのでしょうか。
NHK大河ドラマを悪くするために書いているのなら大成功なのですけどね。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 20:521月

2014年01月26日

軍師官兵衛の感想と世間の感想

このブログは軍師官兵衛の感想ブログなんですが、
自分の分析と他者の感想が、「どれほどズレているのか」というのが気になります。
3回分の放送がありましたが、他の感想を見る機会もあったので分析してみました。





大河ドラマ軍師官兵衛は失敗作との評価
まず、3回しか放送していない段階において、失敗作と烙印をしました。
この判断は意外と大変であり、たった3回程度の放送で、残りの47回分を総括するのは
とっても変な判断だからです。

しかし、同じ人が制作しているものであり、大河ドラマ江のように、最初がダメなら後もダメという事例もあります。
近年では、大河ドラマ平清盛も同じ傾向です。

ですから、それなりの確信と判断があったのですが、世の中の感想はどうか気になっていました。
結果としては、半分程度は、この雰囲気を察している感想なので、とっても良かったです。






制作現場でもある意味見抜いていたのでは
かわいそうな判断ですが、主役の岡田さんが悪いという点ではなく、全体の評価ですから仕方がありません。
これは料理に例えるなら、どんなに高価な食材があっても、料理人の腕が悪ければ、不味い料理になるのと同じです

今回の大河ドラマ軍師官兵衛は、その意味では、この例とほぼ類似して、スタッフの無能さが、そのまま、映像や台本や演出すべてにからんでいると思われます。NHKのスタッフが無能であるはずもなく、これは仕方がない面もあり、準備不足であり、経験不足であり、予算不足であり、こうした負の連鎖があったのでしょう。

こうした流れがあり、現場では私たちが思っている以上に、悲壮感があると判断できます。
制作してみたものの、放送すれば、どんな形になるのか。
放送する前からわかっていた現実です。




ネットは公平であり現実
岡田さんが所属する芸能事務所は、巨大であり、テレビ業界では大きな利権です。
ですから、批判される矛先を、芸能事務所へと向けられるのは避けたいでしょう。

また、岡田さんを中心とした「広告塔」としての役目を、大きい巨大企業は広告塔として認識していますので、
岡田さんがコケると、宣伝効果が減退するため、擁護するのが一般的になります。

しかし、ネットはこうしたしがらみが無いために、ダメなものはダメ出しを出すのが流れです。
結果として、感想は現実であり、そのままになります。

まだまだ1月でダメ出しを出す感想が蔓延しているのですから、相当危ない感じがします。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 06:051月

2014年01月23日

都知事選に見る政治家と軍師

今回の都知事選ほど、日本の政治の「質」を見事に表している感じがします。
戦国時代の「下剋上」や「乱世」とは全く違う、平成のスイーツ選挙。




誰も都知事にふさわしくない面々

都知事として、経験を積んで、立候補となるのなら、それなりの感覚や感想があります。
しかし、今回の面々を見ると、まさにバカ殿様が、親が殿様だからそのまま継続で
立候補している感じです。
都民ではなくても、いかにもダメさが、とっても目にしみる感じがします。

これで都政が崩壊しないのですから、それはそれで立派です。
都政で働いている職員は、いったい何がモチベーションで仕事をしているのでしょうか。

流れとしては、バカ殿様はしょせんは、都民が選んだお飾りであり、本物のお殿様は
我が上司と思っているのでしょうか。そう考えても仕方がないでしょう。





石原さんから続く無能さの殿様
石原都知事は現在80歳の高齢。
1週間に2回ほどしか都政をしなく、しかも、1日2時間という仕事時間。
まるで老人ホームのような扱いですが、それでも都政が崩壊しないのですから、まさに日本型殿様経営です。

どんなにバカ殿様がいようと、家臣がしっかりと支えて経営しているのは、お家が大事というスタイルと類似し、
本当に日本型経営と類似する気持ち悪さがあります。






ショック療法がいいかも

どうせダメなら、とことんダメな人を選ぶのも、都政でいいかもしれません。
個人的には田母神さんがいいかなぁと思います。
類は友を呼ぶではないけど、右傾化の傾向である安倍政権とも良い関係です。



ある程度、ダメな日本をピカピカに磨いて、右傾化日本をもっとPRして、
日本の鎖国状態をもっとクールにすれば、日本も取り戻せるかもしれません。






官兵衛は幸せものですねよね
豊臣秀吉という素晴らしい政治家の下で、活躍できる黒田官兵衛は、その点では運がいい。
もし、今の都知事のような無能なバカ殿様の下で働くのであれば、今の都政の職員のように悲しい。

その意味では、官兵衛は優れた上司に巡り合っただけでも、その点恵まれた人生を送れたと思う。
今の世の中に、官兵衛みたいな人材が、政治とかかわるのは、本当に無いと等しくなる。

仕方ない面もあるが、こればかりはめぐり合わせしかない。

  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 22:511月

2014年01月20日

軍師官兵衛。第3回感想「命の使い道」

戦国ものは非常に「ハードルが高く」なります。
今回の軍師官兵衛は、この路線で言えば「失敗作」であります。





テレビ局が製作しているドラマ
NHKが製作している大河ドラマではなく、民放が製作している戦国ドラマです。
良い意味でも、悪い意味でも、NHK大河ドラマファンは離れるでしょう。
逆に、ライトなユーザーなら、この展開もOKなはずです。

全体的にゲームの中で出てくるような「内容がない」ようなシーンが非常に多く、
「戦国オタク」にとっては、あまりにも「軽はずみ」な映像と内容です。

人の表裏や悩み・憎しみなど、幼稚園用としか見えない演出です。

これは役者が悪いというのではなく、大河ドラマ「江」と同じ路線で、
軽く仕上げた戦国絵巻をメインにしているからです。

私個人としては、見るに耐えない場面ばかりです。





江口さんの織田信長が足を引っ張る
3回目を通して、織田家のシーンは、全体的に大きく足を引っ張っています。
このシーンがあるおかげで、全体像をつかめますが、非常に「中身が無い」シーンが多く、
戦国時代を知らない人も、戦国時代をよく知っている人も、両方とも「いらない」シーンです。

誰をターゲットにしているかで、必要・不必要となりますが、今回の軍師官兵衛については、
このターゲット層があやふやであり、全方位をターゲットとしているのですが、それが
全ての方向で手薄になっている感じさえします。

特にその象徴が江口さんの織田信長であり、その下の竹中直人さんです。
全体的には良いですが、細部がダメなので、評価がダメになっています。

両名とも有名人であるため、本来ベースなら、この2人は「全くの色がない新人」が良かったです。
色が無い分、オリジナル度が高まりますからね。






見せ場のシーンがゼロ
すでに3回目にして「飽きています」
この3回で「凄い」とか「感動」したとか。
こうした感想を述べる人がいるなら、ある意味、うらやましいです。
もう、見る気がしないというのが感想であり、岡田さんの責任ではなく、
どちらかと言えば、演出や脚本の方が比重が高いでしょう。


もともと、島津家から、黒田官兵衛に無理やり「鞍替え」したのですから、
内容が無いのは仕方が無いのですが、それでも、戦国モノですから、
ある程度は、内容を良くしてもらいたいです。
  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 11:181月

2014年01月18日

九州黒田家で信長の野望創造プレイ



前回は初見プレイであり、九州黒田家が壊滅し、なくなりました。
前後左右と敵に囲まれていた状態では苦しいからです。

そこで2回目からは、早々に外交で北の大内家と西部の立花家と同盟を結び、
隙をついて、南部の大友家を攻撃し基盤としました。



その結果、最小単位の1ヶ国から2ヶ国の領主となった黒田家。
ほぼ何回もプレイしているので「無敵状態の1歩手前」までなり、
プレイは緊張しながらも、それなに簡単になりました。

結果として、西部最強部隊の立花家を敵同士で戦わせて、
戦力が弱まったところを一気に叩き、地盤がしっかりとしました。



ここまで来ると、後は南部の弱い大名を連続攻撃で展開すれば、
それなりに倒せる形で、兵糧が少ないので、この管理さえしっかりとしてれば、
それなりに展開が可能。

最終的に西部の竜造寺家を撃破した時点で、ほぼ勝利です。



こうなると、後は南部の島津家が最大の敵なのですが、
九州北部・中部の連合軍である黒田家とは天地の差の戦力対比となっています。
いくら島津4兄弟といえども後は滅ぶのを待つのみです。



四国はちょうそかべ家が四国統一をしていますので、問題がありません。
中国地方は毛利家がしっかりと存在感を出しています。

九州統一後は、四国を統一し、中国地方で流れなら進めば、ほぼ全国統一の
1歩手前まで来ています。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 11:411月

2014年01月15日

信長の野望創造 黒田家群雄集結

ある程度、天下統一すると現れるシナリオで群雄集結。
こちらで本命の黒田家がありました。





なんと中津市からですね。
これは中津の人はうれしい感じです。
一度は中津城をみてみたいものです。



家臣団も息子の長政がいます。
親父と祖父もいて、政治力は高いレベルです。



さて、プレイしていて、ほぼ積みました。

まず南部の大友家。
強国であり、島津家のような形で北上すればいいですが、
基本はこれが最初の相手になりますので難しい。

西部は立花家であり、戦闘馬鹿が沢山いて、西部と南部が同盟を結ぶと
すぐに死亡します。どうしょうもないです。

初期はこの2国と対峙しながら、数を減らす作戦をしていたのですが、
初期が細いので無理な感じです。

おうしている内に、北部の大内家が拡大し、しかも毛利家と同盟しますので、
狙うは九州しかありません。この結果、必然的に南下。

南部・西部・北部の三方面から攻められる形で無理があります。
結果、黒田家でプレイしているのにも関わらずこの3ヶ城でそのまま積みました。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 07:071月

2014年01月12日

軍師官兵衛。第2回感想「忘れえぬ初恋」

全体的にお茶間の戦国絵巻です。
NHK大河ドラマとしての「品格ゼロ」なんですけどね。
よほどプロデューサーの腕がないとわかります。



織田信長のシーンが毎回酷い
毎回ダメシーンを量産しそうな演出と内容ばかりです。
確かに織田家のシーンは、それなりに必要不可欠なのですが、江口信長がまったく貫禄がなく、
さらに言えば、竹中秀吉がそれにプラスして、安っぽさを演出しています。

両名とも名優であり、実力からいえば、ダメな部分は皆無なのですが、
今回の軍師官兵衛だけを見る限りでは、ダメさが異様に目立つシーンとなっています。

この戦国絵巻が良いという錯覚や評価をしているのであれば、普段から
よほど戦国ドラマを見ていないか、それ相応でもいいのかとビックリする次第です。

基本は信長シーンはなるべく使用しないで、江口信長は使わない方が賢明でしょう。





濱田岳・永井大など脇役は良い
栗山役の濱田岳さん。個性派俳優の中ではトップレベルです。
脇役としては、岡田さんがさっぱり派なので、非常にバランスが取れてよい感じだと思います。
濱田さんは、名脇役の柄本明さんの匂いがしますので、このような成長をしてほしいものです。

その他は永井さんなんかも面白く、ほぼ主役級なのですが、岡田さんのサポートを上手くできれば
軍師官兵衛も厚みが出てくると思います。

女優陣ではまだまだ、ゼロ人であり、誰が成長株かわかりませんが、男性脇役人はそれなりの
人をそろえていると思います。





竜雷太さんの存在感がでかい
すでに名俳優の域となっている竜さん。
ドラマ「ケイゾク」などで幅広く役をこなしています。今回は中谷さんとはケイゾクで一緒であるため、
両方とも岡田さんが渡部さんような感覚であれば面白いかもしれません。

竜さんがワンシーンで出てくるだけで、岡田さんを圧倒した存在になるのは、やっぱり年の功であり、
俳優として経験値の差なんでしょうね。
どんな小さい役でも、何十年の厚みは、岡田さんのカリスマを持っても、竜さんにしてみれば、
「小物」扱いになってしまっています。






オープンイングと音楽がダメ
2回見まして、オープニングの質の低さと、それに連動した音楽のダメさが目立ちます。
通常は大河ドラマのオープニング音楽は、その代表作にもなり、毎年のヒット音楽にも相当する
レベルへと進みますが、今回のオープニング音楽は、記憶すらありません。

確かにオーケストラの壮大さはあるのですが、「オリジナル」としての軍師官兵衛との連動が皆無であり、
それが凄く安っぽくなっている原因にもつながっています。




  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 21:161月

2014年01月12日

信長の野望創造 織田信長プレイ

織田信長のプレイ。
定番の信長プレイなので、当然のごとく上級モードです。
これだけ綺羅星のごとく織田家にはいますからね。
シナリオは天下布武にて。



なぜかはこの明智光秀。
これが最初から織田家にあるのが天下布武からですからね。

光秀は織田の軍師というよりは、武将であり大名でもある。
だから、軍師という流れはどうしても光秀にはないのです。



コツコツと戦国伝をしながら進みます。
適当にしながら慎重にしていけば負けるはずありませんからね。



松永久秀さん。
織田家の中では信長と同じように変な人NO1ですからね。
織田家だからこそ、こんなキョウユウを養えてのですからね。
これはこれで戦国伝ありますからね。





敵も強いが、それ以上に織田家は強い。
秀吉のような天下無双もいますので、楽しみながら進めることが可能です。
基本は武将成長記録を重ねながらスタートする感じですね。





ここら辺まで来ると、本拠からの司令が少しなくなり、司令方面タイプになるのですが、
人材の陣容は高く、数カ国を同時に戦っても問題ないレベルになっています。

ある意味、史実通りになっていまうすが、ここら辺から作業ゲーがメインになります。
好きでないと出来ない感覚でしょうね。



ここら辺になると、少し戦国伝はなくなりますが、光秀さんのような
鋭利的なイベントがほしくなる感覚です。
こうした同時の戦国伝なんかほしいですね。
単なるゲームですからね。



最終的にはこんな感じでゴリ押し状態が、上級モードでも可能となり
一気にプレイする気がなくなるのは、不思議な現象です。
苦労して国取りしている時は時間も忘れるですがね。

あとは「数字」の遊びなので、こうした状態になったら、家臣の「謀反」とかあると
けっこう面白いのですが、それでもアルコリズムだけですからね。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 12:031月

2014年01月10日

国宝姫路城に思う事



今、姫路城は改修作業で天守閣が見えません。
このため、この写真は2003年の11年前に撮影したものを出しています。

データベースから拾い上げて掲載しました。
何度も見ても、姫路城の綺麗さは別格です。




特に天守閣は、富士山と比較しても、ほぼ日本の象徴のような綺麗さと
完璧さが融合されています。どの角度から見ても素晴らしい建築です。

世界遺産という形でありますが、日本が誇るべき象徴と思えます。



現在の姫路城と、大河ドラマの中で出てくる姫路城はまったく別物です。
ですから、この写真ようなものはほぼ、江戸時代のものとであり、
戦国時代のものではなく、なおかつ、秀吉に仕えたものではありません。



しかし、戦国のロマンを知る上でのお城の魅力としては、
これ以上の無い手本としてみることができます


ですから、一度は姫路の天守閣へ、行くのが良いと思います。
一生に1度は姫路天守閣の素晴らしさを目にするのが良いでしょう。



もともと、江戸時代には、戦国の下克上のような世界にならないように、
築城は規制されており、戦国のルネサンスを知るのは、この姫路城のような
ごく一部になっています。

このため、または、戦時の中で木造建築が生き残るのは至難でした。
京都に原爆が落とされない理由は、世界的な遺産があったとされています。
逆に広島や長崎はこうしたものがなかったと言われています。



たかだか400年前の建造物でありますが、今の高層ビルと比較すると、
どうしても「ロマン」が感じられないのはしかたがありません。
鎖国という日本和文化が開花した安土・桃山文化ですから。

こうした一見簡単な姫路城こそ、非常に戦国のルネサンスを知る上で、とっても良いものだと思います。
改修が来年まであり、平成27年度からは見れますので、ちょうど軍師官兵衛が終わった次の年などに
もう一度見に行こうと思っています。

http://himejijo-syuri.jp/
参考URL



  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 07:341月

2014年01月07日

このブログも良いスタートがきれた

1月6日の放送から2日目。
なんとかスタートダッシュがきれた。

戦国関連は10代の時から訓練されているコンテンツなので、全く問題ない。
マンネリ化した戦国関連であるが故に、数多くの貴重なノウハウがあるし、
また写真なども公開していないものなどは山のようにある。

その上だから、頑張ればそれなりのコンテンツと質を確保できるのですが、
もともと、趣味とビジネスの両輪でしなければいけないので、話は簡単ではない。

遊びや時間の暇などであれば気軽だし、ブログが趣味であるならまだ良いが、
他にやるべき仕事があり、優先順位が高いレベルではない。

ただし、こうしたノウハウは、他のネットノウハウとのリンクが多く、
この技能がそのまま、他の技能とリンクしているため、無駄ではない。

こうした文章もすらすらと書けるし書けなければ、大きな時間の無駄になるため、
それなりに時間制限を設けて対策している。


また、こんなくだらない文章を書いても、誰もみなければ、もっと時間の無駄なるわけで、
こうした下準備を1年前から構築して、対策した結果、それなりの効果が得られたのは
本当に良かったです。

ビジネスでは、1年間準備したから、そのまま成果が上がるのは、今は稀であり、
その意味でも、こうした点などは、本当にノウハウとしては仕方が無い面だと認識しています。

さて、ここまで書くのも、ある程度、宣伝したいためであり、
それなりに、当店でのビジネスのリンクがないとダメだからです。

宣伝としては、消費税増税の前に、販促品担当者レベルで、法人の方が見てれば、
ぜひ、サイトなどを見て頂きたいからです。
下記にご紹介しますので、ご覧下さい。

・扇子販売サイト http://www.sensushop.jp/
夏まで待てない増税分を今から買うとうい発想です。

・クーラーバッグサイト http://www.coolerbag.jp/
夏グッズと春グッズの中間。クーラーバッグなどはいかがか。大口用対策です。

・熱中症対策用品 http://www.coolgoods.jp/
こちらはどちらかと言えば高齢者対策品です。

このように、当店では運営サイトの宣伝をはさみながら、このブログを1年間続けていきたいと思っています。

ですから、あくまでも軍師官兵衛は、当サイトにおいては、半分程度の付加価値として設定しています。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 20:021月