2014年10月27日

軍師官兵衛。第43回感想妄想「如水誕生」

相変わらず大河ドラマを見ていません。
禁断症状はゼロですので、妄想で再度書きます。



つるっぱげの官兵衛がいい

個人的に今回のコスプレは評価する。
好き・嫌いだから仕方が無いけど、今回の岡田官兵衛はいいよ。
でも、タイトル通りなら、「岡田如水」となるけどね。

如水画像

個人的には非常に似合っているし、少し「大人」になった感じがします。
竹中直人さんが、完全に豊臣秀吉と「同化」しているのと比較すると、まだまだ幼い感じがしますが、
それでも、やっと11月目にして、「岡田如水」を見れた感じです。

こうした分析するなら、やっぱり演出家の田中さんの実力で、プラスではなく、ひたすらマイナス演出を
していたと、つくづく思うわけです


民主党政権の時に決まった「軍師官兵衛のスタッフ」ですから、準備不足であり穴だらけなのは仕方が無いけど、
やっと11月ヶ間訓練して、少しは見れるものになっている雰囲気です。





地元が透明化した今回の大河ドラマ

2014年の大河ドラマでは、例年にない現象があった。
それが「地元が潤う」という点がゼロベースであった点。

姫路城が平成の大工事になっている点もありましたが、問題として「福岡城」や「中津城」の成功の声がまったく聞こえてこない点です。
これは本当に異常と言える点であり、昨年のド田舎であった会津若松市でさえ、観光客がどっと混むでした。

それが姫路城は別格として、福岡城と中津城のむごさ。
場所が九州なので、どうしても首都情報集中のため、報道がされていない面も多分にありますが、
盛り上がりという点では、観光業のメリットは皆無と言えますね。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 23:2410月

2014年10月19日

軍師官兵衛。第42回感想妄想「太閤の野望」

題名が信長の野望とリンクしてしまいまして、ある意味、壮大な感じがあります。
朝鮮出兵は無謀でしたが、野望という点では確かに納得する感があります。
相変わらずの「嫌なら見るな」路線で展開しています。




戦国フェーズの終焉

軍師官兵衛の唯一の救いはなんであったのでしょうか。それは

戦国もの

というジャンルであり、多くのファンが沢山いることです。
この計算から、軍師官兵衛がなんとなく決まった経緯があり、大河ドラマで放送しても、
なんとか人気が確保できると計算したのは想像できます。

漫画やゲームソフトもあり、そのユーザーも拾い上げることも可能であり、各地方自治体での
ゆるキャラなどの支援もあり、こうした時代ものの中では、相当なポテンシャルがあります。

結果としては、これだけのコンテンツ支援がありますが、逆に、

ダメな要素がしっかりと判断し比較できるコンテンツ

としての部分があり、軍師官兵衛の良さと悪さがリンクしてしまっている点にあります。
この点が思った以上にあり、特に序盤での織田信長役の方の役者の相性の悪さが際立ち、
それを修正するまでにいなくなってしまった点があります。

簡単に言えば、

戦国ものを大河ドラマで使うなら、相当な準備が必要である

という点です。これができないでスタートした今回の大河ドラマの失敗とリンクします。






竹中秀吉の誤算

竹中さんは名優であり、素晴らしい役者さんなんですが、今回の事例でわかった点があります

新鮮さが足りない

という点です。彼ほどの素晴らしい演技者なら、「もう一度見たい」という衝動にかられるのですが、
今回の軍師官兵衛では、脚本と演出家がダメで、この新鮮さが欠落しているように思います。

演技を見てみると、竹中さんの実力通りで、それ以外に見るべき点がなく、本当に新鮮さが無いのです。
ですから、「ニュー竹中」であれば、もう一度見てみようと思うのですが、竹中秀吉を1度でもみてしまうと、
今の軍師官兵衛ではまったく見る気がしません。

  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 07:2610月

2014年10月13日

軍師官兵衛。第41回感想妄想「男たちの覚悟」

早くネットでも数日たったら見れるようにしてもらいたけど、15秒の予告篇だけみて
感想を書くのは難しいけど、なんとか頑張ってみる。




岡田准一の若さ演技は意外と宝物の要素

ジャニーズファンや岡田准一ファンから見れば、今回の大河ドラマは、悪い意味で、彼の「メッキの薄さ」が
しっかりと見えた主人公になった。
結論からいえば、

岡田准一は歳をとった渋い演技は苦手

という、どうしょうもない「欠点」がわかってしまったドラマであった。
もともと、大河ドラマをしなければ、50歳・60歳の演技をする必要性がなく、役者配置でこのような
立場になることもなかった。

しかし、大河ドラマは10歳から60歳まで、1年間演じなければいけないドラマ。
その意味では役者としての「歳の幅演技」が求められるのですが、彼を見ていると、

こりゃダメだ

となっているわけです。
しかし。
逆に彼には素晴らしい素質がると、考えるようになりました。
つまり、

50歳に岡田准一がなっても、彼は20歳代・30歳代の演技ができる永遠のアイドル演技

が可能という、ジャニーズファンとしては、息の長いファンとして見れる天性の才能が
演技としてあり、彼が40歳代になっても、全く違和感なく、20歳代で演じる内容で見れる才能は
あふれている点です。

その意味では、大河ドラマは「非常に下手くそ」なんですが、アイドル演技としては最高と言えます。






女優の使い方の下手さ

結局、女優の下手さが目立ちました。
大河ドラマとなると、スーパースターは男優だけではなく、女優にも大きなスポットライトが当たるのですが、

中村プロデューサーの女優を見る眼の無さは天下一品

となっているため、薄っぺらい「ツンデレ女優」は採用でき、なおかつ演出は可能なのですが、
1年間を通して「育てる女優」という視点では「大失敗」し、大女優から小女優まで、すべて、枕を並べて討死状態。

男優はそれなりに注目の的になりましたが、女優陣は総崩れです。
これでは、2016年の大河ドラマでの女優候補も大変だと思います。
  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 12:1010月

2014年10月05日

軍師官兵衛。第40回感想妄想「小田原の落日」

岡田准一さん主役の大河ドラマ「軍師官兵衛」。
とうとうグランドフィナーレになり、岡田さんも「解放」されたようです。
お疲れさまです。



ジャニーズ事務所の落日

今回は加害者でもあり、被害者でもあったジャニーズ事務所。
岡田さんという切れ者の役者を配置し、NHKを籠絡したのですが、結果としては、
大ブームになるわけでもなく、本音をいえば

やらなくてもよかった

というのが本音でしょう。
1年間、岡田准一という手駒を、NHKに「貸出」していたのですが、それなりのリターンが
必須ですが、得たものと失ったものを比較した場合、プラスマイナスゼロが評価になる。

その意味では、ジャニーズ事務所の「落日」ともいえ、テレビでいくら幅をきかせても、
視聴者をすべて「だます」までには、パンチがきかなかったと言えます。

NHKとしてラッキーだったのは、双方がそれぞれ傷ついたので、喧嘩両成敗の状態になり、
ジャニーズ事務所からの「嫌がらせの圧力」もなく、これから、良くも悪くも、ジャニーズからの
「おさがり主役交渉」は少なくなり、2014年の「押し込み主役」としての岡田さんのような
ケースは無くなるという事でしょう。






最後まで黒田官兵衛にはなれなかった理由

最後まで岡田准一が黒田官兵衛になれなかった理由は明白です。

黒田官兵衛は主役ではなかった

という点です。
戦国では、徳川家康・織田信長・豊臣秀吉など、主役である運命を背負った人物がいます。
それに負けるとも劣らない人物像を書き出すためには、相当の脚本力と演出が必須です。

この件については、脚本家と演出家が「超2流」であったため、最初から無理難題でありました

結果は因果応報。誰も黒田官兵衛が何者かさっぱりわからず、岡田官兵衛は「軍師」ではなく「軍使」という、
お笑い芸人並の扱いが、メインとした内容となってしまいました。

結果、それぞれの「お笑い芸人」が個性をだし、それなりに魅力を発揮したのですが、もう無駄とも言える状態。
一番の被害者は主役の岡田准一であったのは、40回も毎回登場してれば、誰でも知る現実でしょう







生放送感想20回、妄想20回の計40回の感想

テレビが無い生活とは、どんな生活か!
今回は、頭にきたのでテレビを捨てて、20回目から強制的に見れない状態です。

「もう岡田官兵衛みない」
「嫌なら見るな」
とフジテレビさんが言ったように、嫌なら見ていません。

最近では、やっと民放がネットで、後でも見れる仕組みを構築しているようですが、NHKは保守勢力のトップなので、
こうした新しい試みよりも、「守る」ことがメインの組織。
有料のオンディマンド配信はすでにしていますが、年収1000万円平均を守るための「既得権益」は手放すわけもなく、
護送船団方式の「ゆるやかな衰退」を選んでいます。

こうなると、妄想でしか感想が書けない。
結果、どうなるかわかりませんでしたが、気合で20回分妄想を書きました。
「為せば成る」
とのこと。

残りの10回分も、見る気がしない内容と役者なので、妄想で乗り切ります。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 20:0110月

2013年10月20日

信長の野望創造で歴史を追ってみる



どれだけネタとして展開できるかわかりません。
12月に販売が延期になった信長の野望最新版。
こちらで黒田官兵衛をモチーフにしたゲーム実況をしていきたいですね。

信長の野望は非常にクオリティが高い反面、自由度の高さから糞ゲーになりやすい面があります。
それは、例えば、武田家の武将が信玄が生きているのに、上杉軍の武将として戦うとかです。

こうした面が出てくると、本当にごちゃまぜ。
何のゲームかわかりにくくなります。

しかし、自由度がないと、織田軍が最強になるため、この点も難しい面なのです。



さて、来年は戦国の大河ドラマなので、少なからず戦国ものが注目されます。
大河ドラマ江は、おおごけしたドラマ脚本であっため、誰も見向きがありませんでした。

今回のドラマの脚本がどの程度の完成度なのか。
それについては、まったくわかりませんが、数話見てみれば、ある程度は予想ができます。
ガックリしないようにしたいものです。

また、こうしたガックリ感があるとブログ続かないので、こうした信長の野望ゲームの
プレイ日記などでしのぐ手もありますね。

どちらにしても、ともかく続けられるようにセットしなければいけません。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 14:0710月

2012年10月29日

谷恒生

谷恒生。
ゲームソフトの信長の野望時代に知った歴史小説家。

本好きや、歴史小説好きになれたのは、この人のダイナミックな展開。

惜しむべきはすでに、この世にはいない。
57歳という若さでこの世を去った。

ただ。
未だに何度も読み返している。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 14:1410月

2012年10月29日

何にもしなくても人はくる

前にどこかで書きましたが、
基本は何にもしなくても、大河ドラマになれば人は着ます。
勝手に着ます。

これは旅行会社から聞いた事なので、確実です。
普段の数倍が「普通」で、来ない事がないのそうです。

ツアーを組んで、無理やり行くからです。

しかし、大河ドラマが終わると、パタリと居なくなります。
これも毎年の傾向です。

-------------
比治山大短期大学部(広島市東区)の学生が、宮島(廿日市市)の来島者数の増加と、NHK大河ドラマ「平清盛」の放送との関連を探る調査をまとめた。来島理由にドラマ視聴と答えた割合は広島県外からが17%で、県内の7%より高く、一定の効果があったとみている。

 総合生活デザイン学科の2年生18人が調査。6月の2日間に宮島口桟橋で282人に聞き取り、県外・県内に分けて比較した。

 県外からの139人のうち、複数回答による来島理由は、「世界遺産に興味」が20%で最も多かった。「大河ドラマを見て」17%、「日本三景の一つ」16%と続く。

 県内からの143人のうち、大河ドラマが理由は7%だった。「水族館見学」が30%と最多で、「宮島が好き」が20%、厳島神社への参拝など「その他」が34%に上った。

 宮島への来島者数は9月末現在、約292万人で過去最多ペース。調査メンバーの村上綾さん(19)=広島市東区=は「初めて来島する人が多い県外からは、ドラマがきっかけの一つになっている。県内はリピーターが多いため、レジャー目的が目立った」とみている。

---------
  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 04:1610月

2012年10月28日

火坂雅志

火坂雅志。
最近、歴史小説家で抜群の内容です。
わたしもすでに10冊以上は持っているし、好きな本は何度も読み返しています。

不思議なのが、何度でも読んでも、歴史の大河に流れを作る事が出来る奥深さです。
飽きないのです。

こうした小説は何度でも読めるから、永遠の本なのでしょう。  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 13:2110月

2012年10月26日

官兵衛と九州時代

確かにその通りだけど、なぜ、九州が人気にならないのかは、とてもわかりやすい。
それは、ヒーローの時代ではなく、ネタとして官兵衛1人になってしまうからだ。

これでは、戦国ネタとしては、不十分であり、
「だからなに」
という感覚になってします。

業績としては、理にかなうけどね。

----------
■最も輝いた時代

 「官兵衛と言えば、播磨(兵庫)で生まれたことや福岡藩の藩祖というイメージがまだまだ強い」。7年前から大河ドラマの誘致に取り組んできた市民グループ「豊前国中津黒田武士顕彰会」の松本達雄事務局長(64)は残念そうに語る。

 官兵衛の中津時代は1587年から1600年まで。豊前国6郡12万3千石を豊臣秀吉から授かり、九州から天下を取ろうと最後の野心を燃やしたとされる時代。「自ら集めた兵で九州を平定しようと戦った中津時代の官兵衛は生涯で最も輝いていた」と力を込める。

 にもかかわらず、官兵衛のイメージが薄い理由について、松本さんは「中津では福沢諭吉の陰に隠れて注目されにくく、PRが少なかったのでは」と分析する。
-----------  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 04:0810月

2012年10月24日

官兵衛はかんべい か かんべえ か

官兵衛。
これを日本語で表すと、

かんべい
だと思ったけど、

かんべえ
と思う人もいるようだ。

どちらが正しいのであろうか?

  

Posted by 黒田官兵衛考高 at 19:5010月